今年に入ってやっと就職できた方法とは

この度は去年までフリーターや契約社員だった私が正社員として就職したことで得た、お役にたちそうな準備や心構えをお話していきます。私は現在34歳で去年まではずっと様々なアルバイトを行ってきました。建築業、飲食業、倉庫業などです。しかし実際に就職したのは倉庫業で、アルバイトも5年以上の長きに渡って行ってきた職種でした。正社員になれば仕事の責任も重くなり日々のストレスも大きな課題となることはわかっていました。会社にとっては新卒の未知数な新卒社員よりも即戦力として活躍できる私のようなアルバイト出身の中途採用社員のほうがよっぽど役に立つわけです。私が正社員になったのも大きな熱意などがあったわけでもなく、もうそろそろフリーターじゃみっともないな、という曖昧な理由からでした。しかしまじめにアルバイトを続けていたので社員顔負けの業務スキルを持っていたので、なんとかやっていけるかなと考えての就職でした。考えてみればこんな中途半端な人間でも正規雇用してくれたのは不思議でした。20代のうちでしたら、新卒でなくとも就職への熱意で雇ってもらえる可能性はまだまだあると思います。しかし30代となれば中途採用で雇ってもらうには現実的な戦力として活躍できる確かな見込みを企業が感じてくれなければ厳しいと思います。 現在フリーターの方で正社員として就職を強く望んでいる方はまず、自分のスキルをよく確認し、客観的な視点で企業は自分を必要としてくれるだろうかと考えることはとても大事だと思います。スキル的に弱いなという場合はまずその企業へアルバイトとして働き、自分を認めてもらったらいかがでしょうか。社員になりたいという意思表示を次第に見せていき実力が伴えばきっと採用の糸口が見つかるのではないでしょうか。 どこへ就職したいかわからないけど、ともかく給与面と正規雇用が強い希望というフリーターの方は、社員数の少ない企業への直接的なアタックをするのはとても有効だと思います。例えば建築業界ならば、大手ゼネコンなどはハードル高いですが、下請けの職人たちが勤める中小企業へは二つ返事で面接に漕ぎ着けることができるかと思います。その際にはやはり熱意と第一印象が肝になると思いますので、バシッと気合を入れて望みましょう。 契約社員という微妙なスタンスの雇用も経験がありますが、実際のところ社員と同等の仕事内容をやらされる分、まるで社員のような存在感をもらえるわけでもあります。頑張っていれば自然と社員登用のチャンスの話がでてきますので、契約社員での就職もあなどってはいけないと思います。 まとめとしてはやはりどの会社でも即戦力が欲しい。新卒をのんびり教育してる余裕もない。中途採用の30~40代ならば確実に役立つ人材が欲しい。という厳しい実情があると思います。しかし、裏を返せばそんな実情に適ったスキルを熱意をもって身につけていけばきっとフリーターの方へも扉へ開かれるはずです。

フリーターがバイトから卒業するには

フリーターがアルバイト生活を辞めて就職先を見つけるためには、企業の探し方から実際に面接を受けるまで、各段階の準備を着実に行っていくことが大切です。まず、自分がどのような業界に興味があって、どんな職種に就きたいかをできるだけ明確にするといいでしょう。業界や職種を絞らなくても就職活動はできますが、その場合は範囲が広すぎてどれを選んでいいかわからず、かえって円滑な活動の妨げになることがあります。また、業界を広げてしまうと面接に備えた業界研究を幅広く行う必要が出てくるため、自分自身の負担が重くなってしまいます。しっかり的を絞ることで、その業界や職種に対する理解を効率的に深めることができます。自己分析を行うことで、自分自身が将来に向けて取り組みたいことを考えることが大切です。それと同時に、就職先を探す手段を選ぶことも重要になります。就職サイトやハローワークを使って自分の力で探すこともできれば、就職エージェントに登録して細かなアドバイスを受けながら就職先を見つけることもできます。それぞれに特徴があるため、自分に合った形の探し方をするといいでしょう。また、場合によっては資格の取得や職業訓練を受けることもメリットがあります。これは必ずしも必要というわけではありませんが、仕事のスキルを上げるための取り組みをしていたという努力を面接時にアピールすることができます。また実際に職業訓練を受けたりすれば仕事のスキルアップに役立つため、自分にとってプラスになるでしょう。希望の企業を見つけることができれば、次は面接準備を行います。その際には履歴書が必要ですが、履歴書の書き方は就職準備の中でも非常に大切な部分です。履歴書に書かれている内容に沿いながら面接は進んでいきますし、企業はまず履歴書によってその人物がどのような人であるかを判断します。フリーターを続けていた理由やフリーターの期間にどのような仕事をしたかについて、面接官に聞かれることが多いです。そのことについて答えられるように面接前に準備をしておく必要があります。フリーターは就職していない時期や就職することが初めてであり、面接には不利だと考えられがちですが、はっきりとした理由を言うことができれば問題はありません。また面接の際の基本的なビジネスマナーについても、インターネットのサイトや書籍を利用して理解しておくことが必要です。就職活動や面接は慣れやタイミングもあるため、たとえ不採用になっても気にせずに、また新しくチャレンジしていく行動が大切です。

フリーターが知るべき就職メソッド

フリーターの方が就職をしようと考えるとき、きっとその人には環境と心境の変化が起きたんだと思います。私も今は仕事を辞めて5年がたち、2児のママをしていますがフリーターの時期はありました。それは短大を卒業してからの約2年間の間です。なぜフリーターをしていたかというと3歳の時からピアノを習っていたので当初はピアノの先生になるつもりだったんです。そのため勉強に重点を置くためには就職せずアルバイト生活を送っていたほうが都合がつきやすかったのがありました。しかしピアノの先生になるのも、そんなに簡単な話ではありません。音大を出ているわけでもなく定期的なグレードテストを受け級をあげても先は何も見えない日々を過ごす‥。このままでいいのかと悩むようになりました。その時にアルバイトをしていた飲食店の社員さんから入社試験を受けてみたらどうか?という話をいただいたんです。短大からアルバイトを始めていたので仕事歴はすでに5年目に入っていて、全部ではないけど仕事内容はわかっている、それならば入社をしても他の人との差はあまりないはずだと思い就職に向けて動き出すことにしました。まずリクナビなどの就活サイトからのエントリーを行いました。エントリーシート代わりになる志望動機を記入する欄があったため本屋さんでエントリーシートの書き方、という本を購入し入力前に何回か下書きを行い社員さんに添削をしてもらってからパソコンで打ち込みました。書類選考を通過したら筆記試験と面接が2回あるという話を聞いたので一般常識の本などを購入しなんども繰り返し行い、学科も高校程度までの数学レベルの内容ということだったので、記入式のドリルと専用の参考書を購入しとにかく解く日々を送りました。面接に関しては知り合いに面接官役をお願いして練習したりしましたが、やはり少し恥ずかしいのもあったので市や町で行っている合同就職説明会などで雰囲気だけでもなれるようにしたり、就職センターの人に1度相談をして模擬面接をしていただいたりもしました。私の場合はすでに受験する会社にアルバイトとして入っていたので、情報などはすぐに手にすることはできましたが通常であれば希望する会社についての情報や知識は0の状態で就職活動をすると思います。そのためとにかく情報収集をする、学科試験と面接の対策をとる、あと新卒などとは違く空白の期間があるわけなので、その間何をしていたのか?という質問は絶対されると思います。そのため入りたい会社に有利な資格をとっておくとか、ボランティアなどに参加するとか、自分を売り込むための材料を作っておいたほうがいいと思います。

8年前に知りたかった転職方法

8年ほど前の私がまさしくコレだったので、書かせていただきたいと思います。就職しようにしても、フリーター(バイト)の期間によっても違ってきます。どういうバイトをやっていたかや、その人の持っているスキル、希望する職種によっても変わってきます。一流大学まで出て、スキルもあり、やる気もあり、特に変なこだわりもなく、コミュニケーション能力もある人なら、すぐに就職しその職場でうまくやっていける確率は高いと思います。ただ、中卒や、バイトをやっていた期間があまりにも長く、とくに秀でたスキルや資格を有さないものの場合、就職し、上手くやっていくことは難しいと考えます。私は、大学中退で、その後4年位はバイト代などを使いながら、適当に暮らしていましたが、就職を本気で考えるようになり、細かい募集要項等を見ると、現時点での自分では希望する企業への就職は無理だと分かりました。これからスキルを身につけるにしても習得には数年かかりそうだったので、いろいろ計算すると、その企業に就職できるようになった頃には30歳近くになってしまいます。色々考えた結果、多少妥協し、第三志望であったウェブ関連の仕事をすることになりました。私はもともと、パソコンの扱いは比較的得意な方で、扱うことも好きだったので、ネット関連の仕事がしたいと思っていました。丁度その時、高校時代の友人がネット関連ビジネスを始めていたこともあり、私がパソコンの扱いが上手かったことを知っていたので、運よく誘ってくれました。以降、彼の元で社員として働き、現在も続いています。しかし、こういった周りの環境に恵まれていたことはマレなことであり、大抵はこんなに上手くはいきません。しかも私が就職したのは、結局第三志望であり、第一志望だった企業から比べると、かなり妥協し、そして収入もありません。そしてバイト期間も長かった私にとって、社会人として働き始めた頃は、バイト時代のリズムが体に染みついて、なかなか社会人のリズムに慣れるのに苦労しました。バイトと正社員として働くことは全く違います。それはバイトを長くやればやる程分かります。でもそれが現実です。結論を言うと、バイトを辞め就職を考えた際に『妥協』は、だれもが持っていた方が良いと思います。世の中は甘くないです。一番やりたかった仕事が今できてる人がどれだけいるでしょうか?大学受験ではないので、社会人にもなって1年の”浪人”は大きすぎます。29歳の人は30歳に、39歳の人は40歳になってしまうことを考えると、年齢で採用条件から漏れることもあります。そしてできる事なら若いうちに、いくつか『スキル』を身につけておくこと。この『スキル』に関しては、そのバイトから習得できることもありますし、バイトとは別に自分で習得することもできます。型にはまらず、色んなバイトをやって経験を積むことで、自分の趣味や興味のあること等も増えていくので、バイトをやること自体は、非常に肯定的に考えています。

フリーターが転職するときに必要な準備

フリーターが就職をする準備について。

そもそも、フリーターだからと言って引けを取る必要は全くありません。

心構えはとても大切です。

弱気にならない事が第一歩です。

ちなみに介護職に関しては介護派遣会社を利用するべきです。

あなたは、そのフリーターとしてやってきたこと、頑張ってきていたことを素直にアピールすればよいのです。

スキルが身についているのなら、雇用形態は変われど、その能力をフルに活用して働けると、企業側にどれだけ伝えられるかがキーとなってきます。

そして、特にそれが実行しやすいのが専門職です。

美容業界、医療業界などは国家資格だけでなく、民間の資格も取れやすかったりします。

たとえフリーターでも、資格を取ることを意識して就職に備えていれば、とても有利に働きます。

例えば医療検定の民間の資格さえあれば、クリニックや病院でも比較的簡単に正社員になれます。

ですから、関係する仕事のバイトをするのがオススメです。

飲食店でバイトしていたのに、突然医療系に行くのは不利ですからね。

ただ単にフリーターという時代を過ごすのだではなく、目的をもって過ごせば次のステップへつながります。

そして、経験者から話を聞きましょう。

仲良くしている先輩から、スーツを中古で譲り受けてもいいではありませんか。

お安ければお得なものです。

そうやって、日頃から人脈を作っておくことも大切です。

企業での面接の特徴もありそうですから、情報収集にも抜かりなく努めましょう。

どの企業が、どのような特徴か下調べしておくことが肝心です。

そうやって人脈を広げてく間に、紹介で就職できちゃったりもします。

コネクションというものですが、これは一瞬耳障りは悪いように感じます。

しかしながら、そのチャンスを手に入れたのは自分の努力の結果なわけですから、決してズルい訳ではありません。

しっかりとした目標と、「何が何でも正社員になってやるぞ!」という気持ちのある人間を、企業側は鋭く見抜きます。

それから、次から次へ受かるまで面接を続けるという準備をしておきましょう。

履歴書は常にストックして置き、いつでも応募出来るように。

なかなか受からなくても、めげない強さを持ちましょう。

髪型も面接の日時に合わせて美容室を予約しておくなど工夫も必要です。

それから、面接するということを楽しみましょう。

ガチガチに正面から向き合っていては精神的にとても疲れてしまいます。

病んで疲れた人を欲しがる企業はありません。

何があっても前向きに考えて、準備万端にしておきましょう。